タグ:zuiko ( 129 ) タグの人気記事

+ シガマキノへ +

c0153896_12071006.jpg

c0153896_12072970.jpg

滋賀県マキノへドライヴ
湖西道路を快適にとばす
3台のカメラといっしょに今日はミニクーパーの助手席
山間を流れる川でワーゲンビートルと出会い
メタセコイヤ並木は強く風が吹いていた
湖畔沿いで車を止めたら光が輝き始めた

そんな夏のある日の出来事.....





















[PR]
by easytempo10 | 2018-07-22 12:16 | | Comments(0)

+ There will be love there +

c0153896_06591141.jpg
c0153896_06593184.jpg










[PR]
by easytempo10 | 2018-05-29 07:00 | モノクローム | Comments(0)

+ 奈良少年刑務所 弐 +

















建物に入ったとたん、何とも言いがたい空気の層みたいなものが立ち込めていた
外は蒸し暑いのに、なんだかうす寒いような独特の気流の流れが有る
暗いようで明るい 明るいようで暗い

ここで何ヶ月いや何年も過ごすなんて 私には耐えられない気がする
ただでさえ集団行動が嫌いなのに....
血気盛んで 情緒が不安定がちな青春時代なのに....

何かに情熱を注がないと生きてゆけない

本の虫になるだらを...







[PR]
by easytempo10 | 2017-08-10 13:45 | 奈良 | Comments(0)

+奈良少年刑務所+

c0153896_20594060.jpg
c0153896_20595912.jpg


2017年7月16日 体調があまりよくない
でも、行ってみた

奈良少年刑務所
最期の内部公開になるらしい
今後ホテルになるみたいだ
全国から見学者が訪れ凄い人々だ
途中並んでいるとき気分が悪くなったが
結果的には良いものを見せてもらって
来てよかった

写真は徐々にUPしていきたいと思います....


c0153896_21003537.jpg





[PR]
by easytempo10 | 2017-07-30 21:02 | 奈良 | Comments(0)

+ 情熱の嵐 +

いつも何かに情熱を注がないと生きてゆけない
大きな情熱や小さな情熱
心の中には3つの情熱がある。

レッドパッション
それは燃えるような遥かなる真の情熱

ホワイトパッション
それは純粋なる清らかな情熱

ブラックパッション
それは黒くていやらしく、エゴイストでグロい情熱


そんなことを考えている、秋の夜長.....



c0153896_15181589.jpg

c0153896_15184455.jpg
c0153896_151902.jpg
c0153896_15191416.jpg

[PR]
by easytempo10 | 2015-09-28 15:19 | | Comments(0)

+ 飛騨高山へ +

まだ明けきれない山間を走る。
高低差の激しい自動車専用道路は右へ左へウネリながら東に伸びる。
ときおり走行車線の大型車を追い越すために追い越し車線に出る。
運転にメリハリを付けてようやく頭がスッキリしてくる。
暗いうちから家を出てひたすら目的地へ向かっている。

先ほどからちらちら表示される走行案内の電光掲示板には、
無視する事が出来ない情報が表示されている。
「東名阪道リフレッシュ工事のため一部区間夜間通行止め、全区間車線規制」
なんだかドキドキしながらひた走る。

途中少しの足止め(渋滞)だけで、危機を乗り切る。
1車線規制だが順調に走行出来てる。
次の難関は、名古屋辺りの複雑な高速道路だ。
無数にあるジャンクションを間違わずに切り抜ける事が出来るのか?
カーナビが壊れているため、iphoneだけが頼りだ。
名物の長い鉄橋を超えると、いよいよ名古屋だぎゃ。
何べんもジャンクションを乗り越えて、なんとかようやく東海北陸道に辿り着く。
少しホットする。ここからは一直線だ。
しかしふと標識を見ると、高山まではまだ200kmもある。

関を越え、郡上八幡を超えて、いよいよ待ちに待った飛騨の古都、高山入りです!
途中のパーキングサービスから見えた、白山は晴天に白い残雪が映えてとても綺麗だった。

飛騨清川で高速を降りて、158号線白川街道に。
きっと冬場は豪雪地帯だろうと思われる木々が迫る美しい街道だ。
不思議と交通量は少なくて、すばらしく気持ちのいい道だ。
途中小鳥峠をぬけて高山市内へ入る。
後でわかった事だが、今は飛騨清川から高山までは、無料区間の高速道が走っていて、
それで車が少なかったわけだ。
しかし、時間があればバイパスを使わずに、白川街道を走った方が、絶対に良いと思う!
この街道の景色は必見です。

無事に飛騨高山駅に到着。きっちり5時間かかった。
あとは、東京から新幹線で名古屋を経由して、
特急ひだで到着するお客さんを待つばかり。



c0153896_127348.jpg

c0153896_1275380.jpg
c0153896_128272.jpg

c0153896_1311847.jpg

c0153896_13312760.jpg

c0153896_1333050.jpg

[PR]
by easytempo10 | 2015-06-18 12:08 | | Comments(0)

- さくらの時 -

c0153896_14192635.jpg
c0153896_14193832.jpg
c0153896_14195078.jpg
c0153896_1420147.jpg


ちっては咲き ちっては咲く
咲いてはちり 咲いてはちる

人々は期待し 人々は残念がる

そして 始まり

そして 終わる

追記 春を、春が好きな人もいる
春が、春を何かの理由で嫌いな人もいる



[PR]
by easytempo10 | 2015-04-20 14:24 | | Comments(0)

-奈良公園、東大寺大仏殿にて-

c0153896_1141486.jpg
新たな1年が始まりました。
一番の願いはやはり、泰平ですね。

年度の始めに今年の小さな目標を3つ決めました。
達成出来るように精進していきたいと思います。

2日に奈良公園と大仏様を拝見しにいきました。
この日は昨日から降った雪も。朝方には上がり天気も程よく。
ところどころに、雪を感じながらお正月を過ごせました。

猿沢池にはわずかに氷の張っている所もあり、
柳の木も寒そうに風に吹かれていました。


公園には外国人の観光客らしき人々も多く、
凄く賑わっていました。
野生(放し飼い)の鹿達が珍しいのか、
シャッターを切る音が、そこら中で鳴っているのが聞こえてきます。
最近の流行でしょうか?、長い指示棒の様な物の先に、
スマートフォンやコンパクトデジカメなどを付けて、
自分撮りやみんなでいっしょ撮りあるいは、変わったアングル撮りなどを楽しんでいます。
あれはきっと、セルフタイマーを活用しているんでしょうね!
この時期の鹿達はおとなしく、行き交う人々にもなついていました。

奈良で1番有名な?通り、東大寺大仏殿へとつづく土産物屋が並ぶ石畳、
鹿せんべいの屋台も沢山あり、鹿達も我がもの顔で歩いています。
道のあちこちには、アーモンドチョコに似た糞が、
まるで大仏様への道しるべのように、矢印のごとく転がっています。
気を付けないと踏んでしまいます。

久しぶりにお会いする大仏様はやはり神々しいです!

本年も宜しくお願い致します!!!



c0153896_11404774.jpg






c0153896_114147.jpg
c0153896_1142076.jpg
c0153896_11421162.jpg
c0153896_11422236.jpg
c0153896_11424518.jpg
c0153896_11425724.jpg
c0153896_1143767.jpg
c0153896_11432174.jpg
c0153896_11433167.jpg

[PR]
by easytempo10 | 2015-01-05 11:04 | 奈良 | Comments(0)

+ Littlest Things +

c0153896_18394851.jpg



なにも書く事が無い
いろいろと考えるけど
さして、ここにあえて書く事なんて何も無い


去年の11月の私のこのブログを観ると
過去の自分がそこにいる
その時は現在で今はもう過去だ

いつも思うのは、昨日の自分より、
今日の自分を好きになれるか?というにと

体は衰退する一方だが
精神的気持ちの面では、進化し続けたいと思う

年を取っていくと、
だんだんと欲がなくなってくる
それはもういろいろと、経験済みということもあるけど、
こう、何か、覇気みたいなものが薄れてきて、
情熱みたいな熱い熱が冷めていくのか?

自分的には今年は大切な人を無くしてしまったが、
新たなすごい発見や数々の情熱を頂いた。




今年もなんとか、生きてこられた
神様、そして世の中、それに身近な人々に感謝しよう.....

[PR]
by easytempo10 | 2014-11-27 19:05 | 情熱 | Comments(0)

+ The Virgin Koyasan2 +

c0153896_657186.jpg

c0153896_13293266.jpg

c0153896_1863619.jpg


世界遺産高野山へ 後編

来年、2015年は高野山は開創1200年を迎えるという….
高野山とは、空海が弘仁7年(816)に開いた真言密教の根本道場である。

登山装備の人や、お遍路参り風の人、普通に街歩き散歩調(私)など、
様々な人々がひとつの団体となり、乗り換え待ちのケーブルカーに乗り込む。
傾斜角がすごく大きい車内はほぼ満席で、みんなの顔には小さな子供のように、
「ワクワク感」が露になり、出発のベルが鳴り「ゴトン!」と一度小さく震えて、
いよいよ聖地への最後の階段を登り始める。

ケーブルカーは緑の山道を、ゆっくりゆっくりと登ってゆく。
途中、下りのケーブルカーと行き違いながら、さらに上の方へ。

高野山の駅を出ると、それぞれ行き先の違うバスが何台も止まっていて、
何処に向かおうか少し迷う。
とりあえず。1日フリーチケットを買った方がよさそうなので買い求める。
地図を参考に、一番端っこの方から行ってみる事にする。

しかしバスにゆられて外の景色を眺めていると、自分が想像していた高野山とは、全く違っていた。
想像では駅を降りるとすぐに深い山道へとつづく1本道があり、そこを山沿いに向かって、
徒歩で歩いていかなくちゃ目指すお寺にはたどり着く事が出来ないと思っていた。

バス専用道路を少し下ったところに最初の名所である、女人堂がある。
さらに少し下ると、宿坊寺院が道のあちこちに並ぶメーン通りを走る事になる。
通りにはウィークデーにもかかわらず、たくさんの参拝客が従来している。
バスは奥之院に向かい右へ左へ進路を変え北東に進む。
奥之院の停留所で降りて、そこから弘法大師様にお会いしに参道を歩いてゆく。
大きな杉の木が何本も並ぶ参道をおいしい空気を吸いながら歩く。

束の間の時間、お坊さんのお説法も聞きました。
いろんな方が参られていて、それぞれに自分の人生を、
背負って生きているんだなぁと考えさせられたりもしました。
なんかやっぱりこの場所は、独特の雰囲気があり、いつもの生活より、
神様に近づいたような気がします。まさに「天空」の聖地です。
自分の心も少しだけ清められた気がしたのは不思議です。

持ち上げると願い事が叶うという「みろく石」はまだまだ私には無理でした。
今回強く心に感じた事は、
「人々の上を平等に月日は流れる…」
という事でした。
「時は金なり」とはよく言ったもので、若い時分はがむしゃらで、時が経つのも早く、
時の過ぎるのもあまり気にならず、今にして思えば充実していて、
それも自分の人生の修行みたいなもんだったんだなと。
ふと、人生の折り返し時点に立つと、今までを振り返り、
「これでよかったのか?」「これからどう生きていくべきなのか?」とか考えてしまうんですね。
人間なんていつの時代も考えることは、あまり変わらず、時代は廻るだけなんだな。

今度は反対側の1番端に位置する玄関口、大門に行ってみる事にする。
メーン通りを写真を撮りつつ、途中土産物屋に寄ったり、
小腹がすいたので買い食いをしながら、歩を進める。
(プチ修行に来たつもりが、ただの観光になっている)
途中挫折してバスに乗る。
大門はただの門だった。左右に金剛力士が睨みを利かしていて、
邪悪なもののけの侵入を防いでいるようだ。
そこからまた歩いていまバスで来た道を戻る。
高野山開創1200年ギャラリーでは写真などいろいろな展示物があり、
お茶も御ちそうになった。

c0153896_13302766.jpg

c0153896_13321074.jpg



そろそろ夕暮れが近づいてきたので、今回の旅も終える事にする。
半時ほど停留所のベンチに座ってのんびりとくつろぐ。
ふいに顔を上げ、少し茜色に染まった空を仰ぐ、
そしてまた明日から普通の日常に戻ってゆくんだな….
 

c0153896_12284343.jpg
c0153896_1229080.jpg
c0153896_12291024.jpg
c0153896_12292520.jpg
c0153896_12294244.jpg
c0153896_12295554.jpg
c0153896_12301094.jpg
c0153896_12302272.jpg
c0153896_12303522.jpg

c0153896_13282652.jpg

c0153896_13325542.jpg

c0153896_13332379.jpg

[PR]
by easytempo10 | 2014-10-28 12:27 | | Comments(0)