人気ブログランキング |

カテゴリ:京都( 73 )

- そのスピードで -

c0153896_12202556.jpg
c0153896_12204666.jpg

手を伸ばし風を感じ雨粒を
感じ鏡を叩き割るのに
心の鈍らぬうちにそう....
そのスピードで

the brilliant green / そのスピードで



6月の半ばに入ってもまだ梅雨入りをしない京都
陽射しも春なのか夏なのか迷ってるふう
時折吹く風が髪をなびかせ心地よい

南の市街地を流れる鴨川は
出町柳の賀茂大橋の渡る鴨川デルタで
二手に分かれる
一方は高野川に名前を変え
もう一方は賀茂川と呼ばれる
北山通から上賀茂神社へ向かう河原沿いを散歩してみたくなる
向こうに見えるのは
天狗が住むという鞍馬の山




風を感じて
リズムにのって
タイミングを計れ
そして
チャンスを逃すな
そう
そのスピードで
カメラを持って...



P.S 写真は LOMO LC-Aという フイルムトイカメラで撮りました











by easytempo10 | 2019-06-26 12:50 | 京都 | Comments(0)

+ 令和を担う若者達 +

地下鉄東西線に乗り東山で下車する
左に折れて神宮通りを北へ上がる
京都写真美術館を素見し
岡崎琵琶湖疎水を渡る
京都近代国立美術館を左に見て
平安神宮大鳥居をくぐり抜けると
二条通にぶつかる

成人式の式典は、京都市勤業館みやこめっせで行われる模様だ

大勢の若者達が集い、成人を祝う
大人達も若者を歓迎して祝う
将来の日本をこの子達に期待して祝う
がんばれニッポン
頼むぜ若者達

そんな願いを込めて、カメラを持って...






c0153896_09142914.jpg
c0153896_09144544.jpg
c0153896_09145586.jpg
c0153896_09153406.jpg
c0153896_09162831.jpg
c0153896_09163872.jpg
c0153896_09164916.jpg
c0153896_09170023.jpg
c0153896_09151488.jpg
c0153896_09173871.jpg
c0153896_09181526.jpg
c0153896_09184854.jpg
c0153896_09190210.jpg



















by easytempo10 | 2019-04-25 09:19 | 京都 | Comments(0)

- Lyricism -



近鉄八木駅で京都線に乗り換える時、
淡い色の振り袖姿のお嬢さんと目が合った。
あっ、知ってる顔だ。しかしすぐには思い出せない。
向こうも何か引っかかるのか、そんな風に首を傾げる素振り。
彼女は思い出したようで、軽く会釈した様に見えた。
しかしこちらはまだ思い出せない。
反対を向いたがこちらを意識しているのが雰囲気で分かる。
暖かだが刺すような冬の光が乱反射して見にくいが、
ふと着物の襟足のうなじを見つめてある特徴に気づく、ホクロだ。
そうだ、思い出した!
確か数年前、ある私立高校の学校案内パンフレットの撮影で、
在学生でモデルになってもらった彼女だ。
後ろ姿から振り向いた瞬間をUPで撮影する時に、
菱形のそのホクロが不思議にみえて特徴的だった。
彼女は笑うと片えくぼですごく愛くるしい感じだった。
学校の校内の広場で撮ったそのカットはパンフレットの扉のページに使われた。

そうか彼女も今年成人式を迎えるんだ。
あれからどんな青春時代を過ごしてきたのだろう?
あの高校を卒業して今ではどこかの女子大生かな?
あの顔を見る限り素敵に輝いた平成時代を過ごしてきたに違いない。

毎日いろんな人との出会いがありすれ違っている。
何かの拍子に引き合って気が合い縁が動く。
ご縁が無い人とは離れ去ることになる。
意識はしていないはずなのに時々不思議に思う。
運命とか宿命とか....

田畑の中を急行電車が北へゆく。
大和路からみやこ路へ歴史を駆けぬけてゆく。
宇治川を超える頃、やっと席が空き腰掛ける。
伏見桃山を横目に見ながら、バックからカメラを取り出す。
どのレンズを付けようか悩んでいると、ゆっくりと減速しながら電車が、
終点の京都駅のホームに滑り込む。

今日は平成31年1月14日成人の日。
そう、平成最後の成人式を記録するために平安神宮を訪れるつもりだ。

この時はまだ、次の元号が「令和」になるなんて、誰もが知る由もない。

いつの時代でも、風の向くまま気の向くままに歩き出そう!
心に平和を、手にはカメラを持って....

つづく....


c0153896_17385399.jpg
c0153896_17393931.jpg
c0153896_17410536.jpg
c0153896_17395765.jpg
c0153896_17420430.jpg
c0153896_17422566.jpg
c0153896_17423607.jpg
c0153896_17430055.jpg
c0153896_17431145.jpg
c0153896_17432130.jpg
c0153896_17433317.jpg
c0153896_17435941.jpg
c0153896_17442661.jpg
c0153896_17443772.jpg


























by easytempo10 | 2019-04-22 17:33 | 京都 | Comments(0)

+ LOMOSAKURA +

c0153896_16433453.jpg
c0153896_16435901.jpg
c0153896_16442402.jpg
c0153896_16444923.jpg


京都は3月後半とは思えないくらい暑かった

阪急電車で四条河原町に着いてから北上して三条に行き
Uターンする形で木屋町を南下してランチをとり
祇園目指して東へ進み花見小路通りをぬけ
疲れたので茶店でコーヒーを飲み
八坂神社円山公園と歩き
タクシーに乗って平安神宮を横目に南禅寺に向かった
そこから蹴上インクラインを巡って地下鉄に乗り再び四条へ
夜の木屋町でお酒と料理を頂いた

そんな春の1日だった





by easytempo10 | 2018-03-30 17:06 | 京都 | Comments(0)

+きみがそっとうつむいてはにかんでみせた+

五月、春が過ぎてゆく
六月、梅雨の季節初夏
七月、祇園祭夏真っ盛り


ミラノではここ近年、7月が一番暑くなるそうです。
8月に入るとあまり暑くないと、ミラノからやってきた美女が言ってた。

京都は盆地なので 夏は超蒸し暑い。
夏だけでも雪駄を履いて浴衣で仕事出来るような職業に就きたいと思う。
(そういう職業は限られていると思うが)
神社の朱色や木々の緑はまた、浴衣によく合うんですよね。
下鴨神社では夏、水が張ってあって靴や草履を脱いで、
素足でお参り出来る日があるとか無いとか....


伏見は昔から水がおいしく、古くから造り酒屋が多い町。
風情ある酒蔵街を歩きながら、聞き酒を楽しむ。
伏見稲荷大社は凄い観光客で、半分ぐらいが外国人だ。
あの千本鳥居は非常に珍しく、とても神秘的でここが外国人に人気があるのもうなずけます。
やはりトリップアドバイザーで1位をとったという事もあり、
今まさに京都は世界の注目の的なのだそうです。

小腹が空いたら京の台所、錦市場に行ってみよう。
行き交う人々と肩を触れ合いながら、活気ある狭い通りを東へ向かう。
途中のド派手な、「ハモ」の有名店で串とお茶漬けを頂く。
そして、400メートル弱の市場を抜けて、
四条通に出て八坂を目指す。


四条大橋から眺める、左手は納涼床、右側には涼しげな鴨川というシチュエーション。
ここを浴衣を着て北から歩いてきて、
最後に納涼床で冷たい生ビールと枝豆、ひややっこって憧れますね。

祇園、花見小路通りを西に2本入ってお抹茶頂いて、
帰りはおけいはんで帰りましょ!



c0153896_9393782.jpg







c0153896_940086.jpg
c0153896_9401276.jpg
c0153896_9402398.jpg
c0153896_9403931.jpg

by easytempo10 | 2015-05-18 09:00 | 京都 | Comments(0)

+HOT CHOP+

車通勤する時に気になるショップがある。
朝通る時は閉まっているけれど、帰りには開いていてBarみたいだ。
カウンター席だけの小さな店だがすごく気になる。
気になるのでnetで調べてみると、ハンバーガーショップだった。

いつか行ってみよう。

c0153896_16473387.jpg

by easytempo10 | 2015-02-22 16:47 | 京都 | Comments(0)

-和紙-

c0153896_16184029.jpg

by easytempo10 | 2013-05-15 16:18 | 京都 | Comments(0)

屋上の景色

c0153896_15545772.jpg

by easytempo10 | 2012-02-06 15:55 | 京都 | Comments(0)

京都散歩(身の丈にあった幸せは心地よい)

c0153896_1021735.jpg

by easytempo10 | 2011-12-04 10:03 | 京都 | Comments(0)

京都散歩(身の丈にあった幸せは心地よい)

c0153896_12523427.jpg




いろんな体験を人から聞いても分からない

実際に自分自身で感じなければ
そう決める事やろ



やっぱり、バーチャルではわからない


己が見て、肌で感じて、体感しなければ

何事も。




最終がヤバクなって、あわててタクシーに手を上げた、

夜の京都を流していると、ふと幼い頃の記憶が蘇って来た、

懐かしく、ちょっぴりせつない気持ちになった。

by easytempo10 | 2011-12-01 13:02 | 京都 | Comments(0)