夏の思い出

c0153896_17381694.jpg
c0153896_17383219.jpg





この日は蒸し暑くセミの声も高らかだった
とある、和歌山県某所
水辺の広場のサインを横目に
行けども行けども水辺にたどり着けない
細い山道をどこか4次元の世界にでも迷い込んだかのごとく
ひたすらサインを信じて進んでいく

一瞬、フラッシュバックしたかのようにそこには水辺の広場
女の子がひとり水着姿でパラソル

忘れられない不思議な夏の体験でした


 
[PR]
by easytempo10 | 2007-12-03 17:38 | イメージ | Comments(0)
<< いつものように 明石海峡 >>