+きみがそっとうつむいてはにかんでみせた+

五月、春が過ぎてゆく
六月、梅雨の季節初夏
七月、祇園祭夏真っ盛り


ミラノではここ近年、7月が一番暑くなるそうです。
8月に入るとあまり暑くないと、ミラノからやってきた美女が言ってた。


京都は盆地なので 夏は超蒸し暑い。
夏だけでも雪駄を履いて浴衣で仕事出来るような職業に就きたいと思う。
(そういう職業は限られていると思うが)
神社の朱色や木々の緑はまた、浴衣によく合うんですよね。
下鴨神社では夏、水が張ってあって靴や草履を脱いで、
素足でお参り出来る日があるとか無いとか....


伏見は昔から水がおいしく、古くから造り酒屋が多い町。
風情ある酒蔵街を歩きながら、聞き酒を楽しむ。
伏見稲荷大社は凄い観光客で、半分ぐらいが外国人だ。
あの千本鳥居は非常に珍しく、とても神秘的でここが外国人に人気があるのもうなずけます。
やはりトリップアドバイザーで1位をとったという事もあり、
今まさに京都は世界の注目の的なのだそうです。

小腹が空いたら京の台所、錦市場に行ってみよう。
行き交う人々と肩を触れ合いながら、活気ある狭い通りを東へ向かう。
途中のド派手な、「ハモ」の有名店で串とお茶漬けを頂く。
そして、400メートル弱の市場を抜けて、
四条通に出て八坂を目指す。


四条大橋から眺める、左手は納涼床、右側には涼しげな鴨川というシチュエーション。
ここを浴衣を着て北から歩いてきて、
最後に納涼床で冷たい生ビールと枝豆、ひややっこって憧れますね。

祇園、花見小路通りを西に2本入ってお抹茶頂いて、
帰りはおけいはんで帰りましょ!



c0153896_9393782.jpg







c0153896_940086.jpg
c0153896_9401276.jpg
c0153896_9402398.jpg
c0153896_9403931.jpg

[PR]
by easytempo10 | 2015-05-18 09:00 | 京都 | Comments(0)
<< + 飛騨高山へ + - さくらの時 - >>