-Pawn Shop Blues-

c0153896_21341474.jpg



快晴の春をゆく
さくらも葉桜に変わり、緑の木々が風にまばゆいで眩しく光る

いつも通っている高速をさけ、幹線道路を走る
日曜日の午後は緩やかに時間が流れ
それでも時折せわしなくクラクションが、何処からとも無く聞こえる

入り組んだ住宅地をぬけると、そこには細い川の流れと、
遮断機を下ろした踏切が見える

それを越えてまた少し走ると、大きく左に曲がり今度は
車1台分しか通れないギリギリの降下をもぐる

夏を思わす様な日だまりの端にそこはある

わけあって最近画材店にちょこちょこ走る
Netで探すがイマイチわからない
実際手にとってみなければわからない物だってある

パソコンはこちらの質問には正確に対応してくれるが、
それ以上の感情や微妙なニュアンスは感じ取ってはくれない
そう、匂いや肌触りがわからない

匂いのする人間ってすばらしい!!

って、ね。
[PR]
by easytempo10 | 2014-04-27 21:56 | スナップショット | Comments(0)
<< カメラマンっていいなぁ〜 +手+ >>